リードエンジニアに転職できる人の特徴

目指すは、リードエンジニア!

うまく転職できる人の特徴

うまく転職できる人の特徴

転職理由が明確な人

「今の仕事に飽きた」「なんとなく転職したい」このように理由が明確でない人は、転職活動がうまくいかないでしょう。転職するには、履歴書や職務経歴書を作成し、エージェントや転職サイトに登録し、応募して面接をクリアしなければなりません。これらの作業は仕事をしながらやるには、とても大変で時間のかかる作業です。強い思いがなければ、実際に行動に移すには難しいかもしれません。そこで重要になるのが、転職理由です。
「良いポジションにつきたい」「給与を上げたい」「キャリアアップしたい」など強い意思が必要です。とりあえず求人サイトに登録したり、エージェントに登録したりするだけでも、意思が強くなっていくことがあります。とにかく行動に移してみるというのも必要なことです。

転職時期が明確な人

転職したい気持ちが強くても、転職時期が明確になっていない人は転職がうまくいかないことがあります。いつまでに転職をすると決めて活動することが大切です。会社を辞めるにはきちんと上司を通して、退職の意思を伝えなければなりません。転職時期を明確にしておくことで、転職から逃げられない状況を作ってみましょう。転職が決まる前に退職意思を伝えて退路を断つ方法は意思が弱い人にはおすすめかもしれません。時期を明確にして本気で転職活動に取り組みましょう。

会社の都合に従わない人

よく退職を会社に伝えたところ、引き止められたり、転職時期を伸ばしたり、転職自体を諦めてしまう人がいます。このような人は転職が成功する確率が下がります。企業としては辞められると困るので、基本的には退職を伝えると止められるでしょう。働いている人が辞めることは、会社にとってデメリットでしかありません。新しく人を採用したり、育てたり、他の部署から異動させてバランスを整えたりとやらなければならないことがいっぱいで、コストも時間もかかってしまいます。
そこで、会社としてはいろいろな理由を付けて退職を取り下げてもらえるようにします。転職理由がはっきりしていない人や転職時期を決めていない人は、このような会社側の説得に応じてしまうことが多いです。そのため、前述のとおり、退路を断つくらいの強い意思を持って、転職することを伝えなければなりません。小さな会社になるほど、社員が一人辞めることの損害が大きなものになります。あなたが辞めることで本当に困窮する状況になるかもしれません。自分だけの都合で進めることがないように退職日には余裕を持ち、引き続きなどは確実に行ってから円満退職するようにしましょう。

Recommended

Twitter